オン・ステージ新聞に「水と風」の作品批評が掲載されました。

オン・ステージ新聞に「水と風」の作品批評が掲載されました。

現代舞踊フェスティバル「水と風」


鈴木・贄田は、

二〇一四年の埼玉コンクール創作部門でトップになったリフトの名人コンビ。

ここでは齋木穂乃香と村山藍子を加えた四人の踊りで自然を描き隙がなかった。

(2017年10月13日(金)一部抜粋)

※クリックで拡大します